人は何によって生きるのか、という問い


by nanpuhtongue

プロフィールを見る
画像一覧

「ジュゴン」の鳥羽水族館の旅

 六年前の台湾旅行を最後に、旅行先を国内旅行に絞っている。今年は仕事も含めて忙しい日が多かったが、国内六地点の旅行をした。都道府県で言うと滋賀、東京、静岡、熊本、三重。このうち三重県鳥羽市の旅行について記録しておく。

 三重を旅行するのは小学校時代の旅行を含めて4回目だ。今回の三重旅行は鳥羽を重点とした。宿泊は会社の保養施設やホテルが集まっている地域で一泊、もう一泊を鳥羽市の離島である「神島」にとった。

 鳥羽と言えば伊勢参宮の起点とも言える街だが、ほかに「鳥羽水族館」があることでよく知られている。この水族館を訪れることが今度の旅行の目的の一つであった。この水族館ではジュゴンが飼われている。聞くところによると日本ではここだけだそうだ。そのジュゴンを見た。

 ジュゴンは「人魚」の原型イメージといえる哺乳動物だ。体は白っぽく、意外と大きい。水槽の中をゆっくりと泳ぐ。こちらを向いた顔は笑っているように見える。図体は大きいが愛らしい。水槽の底にえさ箱がおいてあり、箱の中に用意された餌の水草を、大きな口でむしゃむしゃと食べる。ジュゴンは草食哺乳類なのだ。
 
 ジュゴンの水槽の前でしばらく釘付けになった。「オオ、これがジュゴンか。初めて見た。大きいな。可愛いな。」とつぶやく自分がいる。大勢の子どもたちも夏休みを利用して両親たちとここに来ている。そして口々に「わーすごい。」「可愛い。」とか何とか、歓声を上げている。この自分と同じだ。

 ふと我に返って「だが、待てよ。」と思う自分に気がつく。そんなジュゴンは、たしかにこの水族館で大きな部類の水槽で飼われている。大きな水槽なのだが、ジュゴンの身体の大きさからすれば、狭いと感じた。広々とした大海原で、仲間たちとのんびりと泳いでいるジュゴンを想像してみた。

 ジュゴンの都合と人間の都合。もっと広げれば、水族館で飼われているすべての生き物と人間の都合。この両者の都合の潜在的対立が水族館という仕組みのなかにはあるのだ。そんなことを考えさせる夏の一日であった。

 その日の宿の夕食で出された伊勢エビの刺身に、人間の都合を優先させて舌鼓を打った。「うまい!」 眺望のきく海側の部屋のテラスから明かりの灯った島々の夜景を楽しんだ後で、「やっぱり水族館は楽しいな。」というつぶやきで寝息の世界に入っていった。

                                                        (2017年夏)

[PR]
# by nanpuhtongue | 2017-09-03 12:58 | 旅行

犬はどこまで人間のことばを理解するか


 犬はどこまで人間のことばを理解するのか。
 我が家の犬は、トイプードルである。トイプードルも含めて、プードル犬は300語くらい、人間のことばを理解するという話をどこかで聞いたことがある。

 我が家では、家のなかでプードルのMと同居しているのだが、人間が家のなかで話をしているとき、そのMが耳をそばだてているのがよくわかる。なぜそれがわかるのかと言えば、会話をしている間は耳がいろいろな方向に、いろいろな動きをするからである。人間の目をあちらからこちらへ追いながらそうする。耳がよいというのはどの犬種にも共通であるが、まるで耳に表情があるかのように、実に耳が微妙によく動く。

 犬が人間に理解できることばを「発声」することができないので、私の家ではどの家族のメンバーも、犬の言いたいことを、耳の表情と「ワン」という鳴き声と犬の行動という三つの要素でで理解することにしている。

 朝、プードルのMが目覚めると必ずわが寝室のドアをノックする。行動の要素である。それはトイレをしたいので、散歩に連れて行ってくれという合図である。玄関の土間に出るまでは、私の少し先を振り返りながら進む、そして私がそこで「待て」というと、準備をする間そこですわって待っっている。

 Mの食事は一日2回である。ドッグフードと他の食材の両方を使う。ドッグフードも嫌いではないが、ドッグフードに飽きがくることもあるらしい。そのような時はMは食べ残しをする。そして私のところに訴えに来る。「ウー、クイン、ワン」と小さな声で。「なになに」とこちらが耳を傾けてやる。すると再び「ワン」と鳴く。こちらも状況判断するのだが、すぐには理解できないこともある。
 
 そのようなとき、Mは真剣なまなざしでじっとこちらの目を見ている。こちらが横を向くと、Mは自分の立ち位置を移動させてから私と真正面から視線が合うような位置に回り込んできて、再びじっとこちらの目を見る。そしてようやくこちらが、「そうか、今日はドッグフードを平らげる気分ではないのか」とわかるのである。そこで「ぜいたく言うな」というこちらの気持ちを抑えて、「どうした」と聞いてみる。そのときいくつかの選択肢を出して語りかけるのである。

 Mの要求の主なものは「ごはん」、「さんぽ」、「おしっこ」、「あそぶ」、「ねる」である。「ねる」は夜10時以降の要求であるのでわかりやすい。だからたいていは、「ごはん」、「さんぽ」、「おしっこ」、「あそぶ」という要求である。「ごはんがまずい」という選択肢はないので、消去法でそこにたどり着くことになる。「ごはん」は今挙げたばかりなので、「さんぽに行きたい?」とまずきいてみる。ワンと鳴かなければ、「さんぽ」は消去される。次に「おしっこに行きたい?」ときいてみる。ワンと鳴かなければ「おしっこ」の可能性も消去される。そして「あそぼうか?」という問いかけにワンと反応しなければ、これも消去される。そこで「ごはんか?」ときいてみるとワンと鳴く。これが正解なのである。Mの食器の中身を確かめに行くとドッグフードが半分量以上も残っている。

 わたしが、「じゃ、いつもの鶏がらスープをかけてあげよう」とかなんとか家人と話しているのをMはじっと耳をそばだてて聴いている。スープをはこぶために、鍋から小さな器に入れて提供する準備をしはじめると、Mはすぐそれを察知してMの餌場に小躍りしながらちょこちょことついてくる。わたしがスープをふりかけてやると、座って待っていたMは、OKの合図をだすと、あっという間にそのドッグフードを平らげてしまうのである。

 こういう対応は、犬のしつけという観点からは、すこし「あまい」、と思われるかもしれないが、犬とおもしろく付き合うには、これもいいかなと考えている。そしてこちらの言い分も聞かせるが、犬の言い分にも時間をかけて耳を傾けるというのを我が家の基本線にしている。Mの声帯の個所に人間並みの人口声帯でも取り付けることができたら、同居の面白さは倍増するにちがいない。


 
[PR]
# by nanpuhtongue | 2016-01-17 17:43

若山牧水と沼津の縁

 幾山河こえさりゆかば寂しさのはてなむ国ぞけふも旅ゆく

 若山牧水が沼津と縁があることは2年ほど前に知った。私がある家の片づけをしていたら、沼津の在住のある画家が若山牧水の歌にゆかりの風景を描いて出版した一冊の本を見つけたのである。淡い水彩画で描かれた風景画のなかには美保の松原のそれもあった。どれも牧水への心酔ぶりがしみでている画である。
 その一年ほどまえに私は沼津を訪れる機会があったのだが、牧水が沼津で暮らし、沼津でながくない一生を終えたことを知らなかった。あらためて沼津を訪れたいと思うのであるが、2016年1月14日付けの日本経済新聞の文化欄に「牧水に捧ぐ杯の輪」と題する林茂樹という名の人の一文が掲載されているのに目がとまった。
 それは、牧水の終焉の地である沼津には1928年に43歳で生涯を閉じた歌人、人間と酒をこよなく愛した歌人の人柄をしのぶ人々が大勢いて、今なお顕彰の活動が営まれているという趣旨の一文である。
 牧水が生まれたのは1885年である。近代日本の激動期を歌人として、結社とは距離をおいた位置で自由に旅から旅をかさね、一生青春時代を生き抜いた歌人である。西行と並ぶ漂泊の二大歌人と言えるだろう。
 私が牧水をはじめて身近に感じたのはそれより35年くらい前にさかのぼる。私の師である人が、若山牧水が生まれた宮崎県旧東郷町(現日向市)の山のなかの集落で、家が若山家とすぐ近所であったと私は聞かされていたので、その地を訪れたことがある。私の師から聞いたところでは、若山牧水が沼津で永眠する前に、東郷町に生まれ、幼年期をそこで過ごしたので、若山牧水の実家との親しい交流の記憶、当時としては幼児が裸足で行き来する間柄の記憶はのこっているということであった。
 旅の漂泊歌人であった牧水も、晩年には東京から沼津に住まいを移し、一家団欒の日々も増えたに違いないと想像されるが、それでも酒宴をこよなく愛した牧水の家族にとって、奥様も含めてさぞかし苦労も多かったに違いないと思われる。それでも彼の故郷の東郷町には、成長して建築家となった子息が、父親のために若山牧水記念館を設計し、牧水の詩情を育てたふるさとの清川、耳川の畔に建てられた。自由奔放に生きた父親を、子息が親しみをもって尊敬し、誇りにしておられたことが偲ばれた。
 私のなかではこのようにして、自分の師と若山牧水、出生地である宮崎県の東郷町と終焉の地である沼津が、一続きの縁で結ばれていると感じられるこのごろである。
 「品行方正」ではなかったが、みんなに愛され親しまれたお父さん、それが若山牧水なのである。
[PR]
# by nanpuhtongue | 2016-01-15 23:42

目から鱗が落ちる

 数日前のこと。電話で予約を入れていた犬の女性インストラクターが、初めて我が家を訪問した。屋内で飼っている我が家の愛犬―トイプードルーとの接し方について私たち家族の相談にのるためである。このような相談をしようと思い立ったのは、今年の正月以降、どうも家族に対する咬み癖、うなり癖がついたのではないかと心配したからである。
 まずインストラクターは我が家の愛犬を見て、触れて、その性格、家族との関係、犬の居心地のよさを瞬時に判断されているようであった。彼女の訥々とした話し方が押し付けがましくないことにまず好感を持った。そして犬の基本的習性から具体的な接し方、我が家の愛犬の、家という空間内での居心地の良さにいたるまで、こちらが納得できるまで彼女は丁寧にかみ砕いて説明してくださった。
 家族三人が受けた愛犬との接し方についてのカウンセリングのなかで、特に印象的で、目から鱗が落ちる思いをした点を二つ記しておく。
 一つは、犬は本来夜行性であるため、昼間はのんびりゆっくり好きな場所で眠りたい、くつろぎたいという欲求を持っているという指摘である。この指摘を受けたとき、私たちには思い当たるふしがあった。正月に大勢の人間が我が家に集まった。愛犬は「可愛がられ」、一緒に遊び、くたびれて一休みしているところで、自分の身体に人の手が触れたところで、うなり声をあげ、噛み付こうとした。それ以後も誰かに抱かれ、膝の上でうとうとしているているときに、頭やあごを撫でようとして人の手が頭に近づいてきたところで人間が反撃にあっている。犬にとってはくつろいでいるところに人間の手の先が延びてくるくることは恐怖と感じられるので、反射的に手(特定の人間ではなくて)を攻撃しただけの話なのだ。納得がいった。
 二つ目は、たいていの犬の飼い主が抱いているあの思い込み、つまり飼い犬はその家族のメンバーを序列づけ、同時に自らをそのなかに位置づけている、という思い込みである。自分にとっての「主人」は誰か、自分より下の序列にくるものは誰かを犬自身が決めているという「常識」がそれである。
 私も実は永年そう思い込んで疑ったことがない。ペットを飼育する経験が豊富な人も、流布しているペットの買い方の本の著者たちも、そのほとんどが異口同音にこの常識を疑う余地がないものとして語ってきた。犬が主人を独占しようとして、嫉妬心から第三者を攻撃する、という解釈が流布しているが、これも間違いで、人間が勝手に人間の間の三角関係の図式を単純に投影しているだけの話だというのだ。
 犬はもっと単純。犬は人間がどのような姿勢で犬との間合いをとるかで、自分に対する攻撃の姿勢かどうかを即座に判断するというのである。犬にとって正面の位置から人間にじっと見つめられるのは恐怖であり、攻撃の姿勢を本能的に犬にとらせるもとになる。犬とは正面から向き合わないことが犬と仲良く暮らすコツだそうだ。そして何よりも、可愛くても犬にかまいすぎないことが肝腎とのこと。自分だけで好きに自由にしたいときにかまわれると、犬には迷惑千万、ストレスのもとになり、犬は疲れてしまう。

 自らも近年、新しい「犬観」にもとづく研修を集中的に受けてきて、インストラクターとしてはまだ駆け出しだと謙遜されていたけれど、説得力がある。というのも、その後我が家族は、インストラクターの指摘が図星だと納得する場面に出くわし、なるほどその通りだと思うことがたびたびあったからである。
 愛犬が自分で考えることを尊重し、愛犬を人間の都合に合わせて人間の考えの鋳型にはめ込まず、愛犬にとってストレスにならないような接し方をすることが、私たち家族にとってもストレスにならず、犬と人間が家のなかで和やかな雰囲気のうちにつきあっていける道につながるのだということを学んだ。小さな子どもと親が接する際にも応用できる考え方だと思う。
 

 
 


 
 
[PR]
# by nanpuhtongue | 2013-03-16 18:35

カテゴリ

全体
旅行
科学
未分類

以前の記事

2017年 09月
2016年 01月
2013年 03月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

「ジュゴン」の鳥羽水族館の旅
at 2017-09-03 12:58
犬はどこまで人間のことばを理..
at 2016-01-17 17:43
若山牧水と沼津の縁
at 2016-01-15 23:42
目から鱗が落ちる
at 2013-03-16 18:35

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧